秋過ぎて秋桜染め


こんにちは、ZONOです。


先月のことになってしまいましたが、


コスモスをいただいて来ました。


RIMG7905_R.jpg


これでいろいろ染めてみよう、


というわけです。


しかし、


最近いろんなことをやっているため、


ちょっとまだ本染めまではできなさそうです。


というわけで、


今回は刈り取ってきてから保存までをお伝えします。




刈り取ってきたのは


上の写真のようにビビッドなピンクから、


RIMG7907_R.jpg



こういう優しいピンクまでいろいろあります。


面白いものでは、


RIMG7908_R.jpg


こんなの。


黄色いコスモスです。


キバナコスモスのようですが、


キバナコスモスだともうちょっと


オレンジ味がかってますよね?


それにそもそも花の形が違ってますね。


これは「イエローキャンパス」


という品種で、


普通のコスモスと同じ形なのに、


淡いイエローをしているというかわいいお花です。


RIMG7910_R.jpg


この花だけをひたすら刈り取り、、、



RIMG7913_R.jpg



前述したピンク系もひたすら刈り取りました。


RIMG7914_R.jpg



さらに茎・葉でも染まるらしいので


それもそれで採集。



今まではこのまま冷凍保存していたのですが、


田中直染料店の顧問をやってらした


高橋誠一郎先生のお話しによると、


刈り取ってきたらまず熱湯処理をして、


酵素を壊してやるのが大事である、


とのこと。


そうすることで染料の分解を抑え、


冷凍保存でも乾燥保存でもきちんと保存できるとのことでした。


高橋先生、貴重なお話しをありがとうございました。



というわけで、


アドバイスを受けたら


さっそくやってみよう!


ということで、


RIMG7916_R.jpg



コスモスの花びらを色別・茎に分けて洗濯ネットに入れます。



RIMG7917_R.jpg



後はそのまま熱湯にドボン。


数秒漬けてすぐ取り出しました。


(ここのところは我流でやっていますので、


間違いがあるかもしれません。


正しいやり方をご存知の方がいらっしゃったら


ご教授いただけるとありがたいです。)


RIMG8006_R.jpg



あとは平たく広げて乾かす。


んですが、


花びら染めって草木染めの中でも


特に褪色(日光で色褪せること)しやすいと聞きます。


それで一応陰干しにしていたのですが、


一向に乾かず・・・。


結局しょうがないので天日に干しました。


いいのかどうか。



さて、


数秒と言えど熱湯に漬けたので


だいぶ色が出ました。


そこで、


みょうばんを投入して同浴媒染として


そこらへんにあったタオルを染めてみました。


RIMG7927_R.jpg



ちなみに染液は普通のコスモス・


イエローキャンパス・茎


から色素がでたものが混ざった液です。


RIMG7929_R.jpg


一回目の染では割ときれいに淡い黄色が染まりました。


下の方にあるシミはもともとあったものです。


キッチンにあった台拭きをつっこんだもので・・・。


RIMG7930_R.jpg


こちらが二回目。


ほとんど染まりませんでした。


なにはともあれ、


これで保存の準備はできました。


さていつ染めるかむにゃむにゃ・・・。



ちなみに、


草木染めは染めてから一年ほど置いた方が、


堅牢度が上がるそうです。


ですから、


今年染めて、


一年後くらいに編んだり織ったりするのが良いそうです。



ああ、そんなこと言ったら


ますます早く染めなきゃむにゃむにゃ・・・。








スポンサーサイト
[ 2016/11/26 13:22 ] 染め | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する