裂き織りピーコートへの道その1~裂く裂く



こんにちは、ZONOです。



12月にある裂き織り作品展に向けて、


夏前から製作を続けておりました。



どんなものを作っていたかと言うと、


裂き織りの「ピーコート」です。



しかも、


緯糸だけでなく


経糸も100%裂き布です。



裂き布をそのまま経糸に使うと


切れてしまうので、


糸車でよりをかけてから


経糸にしました。




出品はしたので、


入選すれば展示してもらえるはず。


どんな(へんな)ものができたかは、


乞うご期待。




これからはそのメイキングをお伝えしていこう


と思います。





裂き織りなので、


まずは布を裂かなくてはいけません。


今回は、


こんな着物(道行(みちゆき))や


RIMG9888_R.jpg




こんな着物(長着(ながぎ))



RIMG9891_R.jpg



こんな着物



RIMG9890_R.jpg




などを裂きました。




量は正確ではありませんが、


着物三着と


反物を少しだったと思います。






RIMG0371_R.jpg



裂けるものもあったのですが、


毛羽が出るので


私はもっぱら切っています。


写真のように


ロータリーカッターと


ステンレスエッジの定規の


出番です。


ですので実際切る作業なのですが、


私はロータリーカッターで


切ることも


便宜的に「裂く」と言っています。



RIMG0372_R.jpg




裂いた後は


もつれないように


ゴムシートに乗せたまま


木枠に巻き取りました。



こうして裂き布を作っていきます。







スポンサーサイト
[ 2017/10/21 12:00 ] 手織り | TB(-) | CM(0)

美術冊子に掲載されました!



こんにちは、


ZONOです。



以前に掲載して頂きました、


「つくりびと」という美術冊子


があります。



日本各地で活動している


美術・ものづくりの作家さんを


紹介する冊子だそうです。



そのつくりびとが創刊から


5年を迎え、


特別号が出ることになりました。


IMG_20171013_0001_R.jpg





その中に私も掲載していただきました。


IMG_20171013_0002_R.jpg



例の、「大地をまとう」ジャケットです。




通常のつくりびとは


フリーマガジンなので


美術館、博物館などで


配布しているということですが、


今回は特別号なので


全国の美術館などの


ライブラリーに所蔵されるそうです。


今月から所蔵が始まっている


とのことなので、


もしかすると目にする機会が


あるかもしれませんね。




もし機会があれば見てみてください。









[ 2017/10/17 12:00 ] 作品以外 | TB(-) | CM(0)

元気!カラフルTシャツ




こんにちは、ZONOです。



ぼやぼやしている内に


前の更新から一ヶ月も経ってしまいました。



いろいろ作ってはいたのですが・・・。


失礼致しました。




さて、


以前個展をした際に


来てくださった方から


ニットのハギレをたくさん


いただきました。




大きいものも小さいものもあり、


色もばらばらだったので


どうしよう・・・?


と思っていたのですが、


「そうだ、


大きいハギレは身頃に、


小さいハギレはエリや袖にして


カラフルなTシャツにしよう!!」



思いつきました。




RIMG9851_R.jpg



まずは色あわせ。



大きい生地はあまりなかったので、


すぐに決まりました。


小さい生地は色々あって、


ああでもない、こうでもない


と生地を選別。




RIMG9855_R.jpg



布を選んだら水通し。


RIMG9854_R.jpg



浮いてくるので、


重しをしました。



1時間ほど漬けたら、



RIMG9856_R.jpg



平置きで陰干し。




RIMG9877_R.jpg



そして縫製。


なにげにニットソーイングは


ほとんど初めてだったりして。




そして完成!!


RIMG9878_R.jpg


この配色にしました。



袖は右が青、


左が赤ですよね、


やっぱり。


(某ロボットアニメ。


分かる方だけ分かってください)



RIMG9879_R.jpg



えりぐりがごろごろしないように、


まじめにパイピング布もつけました。


(上の写真の細い黄色い生地)





RIMG9880_R.jpg



後ろはピンクで、


全てのパーツの色が異なっています。





見えづらいですが、


左の裾にZONOのタグもついています。


RIMG9883_R.jpg





カラフルなものを身に付けると


元気が出ますね。









[ 2017/10/13 21:30 ] 洋裁・バッグ | TB(-) | CM(0)

便利、洋裁まんじゅう



こんにちは、ZONOです。



今回は洋裁のお助けグッズを。



帽子などを作るとき、


立体的にアイロンをかけないと


いけないことがありますよね。




例えばこんな帽子のトップのパーツ。


RIMG9612_R.jpg



そのときこんなものがあると便利。



RIMG9614_R.jpg



簡単に作れる


立体的なアイロン台


(プレスボール)


です。



昔から日本ではまんじゅう


と呼ばれています。


「饅頭」じゃないですよ、


「万十」です。



RIMG9615_R.jpg



作り方はいたってカンタン。



お茶の缶などの底の低い缶なんかに


石などの重りを入れ、


ハンドタオルで包んで


薄手の布(シーチングなど)で


くるむだけ。




と、


さも自分が考えたかのように


書きましたが、


考えたのは


みんなご存知、


クライ・ムキ大先生です。



クライ先生の本に作り方が載っていて、


試しに作ってみたら


とても便利だったので


ご紹介しました。



これがあるとないとだと


ぜんぜん仕上がりが違うんですよね。



RIMG9613_R.jpg



帽子のトップの縫い目も


この通り。



立体をつぶさずにアイロンを


かけることができます。



クライ先生、


どうもありがとうございます!!




[ 2017/09/10 12:00 ] 洋裁・バッグ | TB(-) | CM(0)

ピンポン!?ヘンな卓球ラケット



こんにちは、ZONOです。



先日友人のSくんが卓球のマイラケットを


作りたいと言って、


板を切っていました。



そして残された端材。


RIMG9860_R.jpg



うーん、


もったいないからこれ


なんとかならんもんか・・・。




そうだ、


これも卓球ラケットにしてみよう!




思い立ったら100円ショップへ。



RIMG9859_R.jpg




ちょうど両面のラケットが売っていました。



RIMG9862_R.jpg



そのラバーを丁寧にはがし・・・



RIMG9868_R.jpg



完成!!


残り物卓球ラケット。



なぜか柄の方でも打てる仕様。



RIMG9870_R.jpg



ちゃんとZONOのロゴも入っています。




まあ要するに


こうゆう形↓ではまってたんですね。


RIMG9871_R.jpg





で、


こうやって打つ、と・・・。



RIMG9873_R.jpg




使い心地は皆さまのご想像にお任せ致します。。。






[ 2017/08/31 12:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)